ドアミラーは運転するときの確認には必要不可欠なものですが、雨の時には水滴が付くため見にくくなってしまいます。
そこでおすすめするのが親水コートです。
これは撥水コートとは全く逆の機能を持ったコートなのですが雨などが降った時に水滴が粒状にならず横に広がった状態になるというものです。
ボディーの場合は撥水コートをしたほうが車に水がつきにくいのでメリットがありますが、ミラーの場合ですと水滴が余りつきますとミラーが見えにくくなるため親水コートをしたほうがいいのです。
またこれをすることによって水アカもできにくくなります。
決して撥水よりも親水コートのほうが汚れが付きにくくなるということはないのですが、撥水の場合は粒に汚れなどが凝縮されるために乾いた時に水アカになりやすいのです。
水あかができますと運転する時に汚れで醜くなってしまいます。
ですのでボディーは撥水コートにしている方でもミラーの部分だけは親水にしてください。
その部位によって親水にするか撥水にするのかを買えるのがいいでしょう。
コート剤は永遠の効果はありませんので洗車をするときにコートのしなおしをしてみてください。
カーショップやホームセンターなどで販売しています。