フロントガラスがよく曇ってしまうことがありませんか?雨の日や寒い朝など、曇ってしまってよく前が見えないことはよくあります。このフロントウィンドウの曇りの原因はなかなか目には見えない油膜によるものなのです。油膜は日々の使用で自然と付着し、どんどん蓄積されていきます。ガラスに油膜がたまってくると、寒暖の差などで結露が付着しやすくなり、ガラスの曇りにつながってしまうのです。デフォッガーやエアコンをつけて対応することになりますが、それでもなかなか視界が晴れないこともあると思います。そんなときはクリーナーを使って綺麗にふき取ってあげる必要があります。シートタイプのものやスプレータイプのものなど、クリーナーにもさまざまな種類がありますが、溜まってしまった汚れも同時にふき取って、常に快適な視界を確保できるようにすることをお奨めします。前方の視界は特に安全上の重要なことです。ガラスの清掃はついつい外側だけになりがちですが、内側のなかなか見えにくい汚れをしっかりとケアして、より安全な運転を確保していきましょう。スッキリした視界は安全だけでなく美しい景色も更に素敵に見せてくれるはずです。定期的なガラス内側の清掃で、より快適な自動車ライフを過ごしませんか。