フロントガラスは前方の視界を確保するため、安全運転に欠かせない装備です。ただ、雨の日にはどうしても視界が悪くなってしまいます。

ワイパーを使うというのがオーソドックスな方法ですが、ワイパーの頻度を少なくすれば視界確保の効果は少なくなりますし、逆にワイパーを頻繁に動かすのも邪魔なものです。

そこで、撥水コートをするという方法があります。これはコーティングによって雨を水玉にしてくれます。すると、ある程度のスピードで走行すれば、気持ちいいくらいに雨が後方に流れていきます。これならワイパーは要りません。

そして、フロントはワイパーで対処できるとしても、サイドガラスはそうは行きません。するとドアミラーや横の視界が見難くなってしまいます。その点、サイドガラスにこのコートを塗ってあげれば、横の視界も確保できます。

また、このコートはご自分でもすることができます。カーショップに行けば商品が市販されています。施工は簡単で、ガラスをきれいにしてコーティング剤を塗って、乾燥させてから拭き取るだけです。

一方、デメリットとしては速度が遅い場合には十分に水滴を後方に追いやることができないのですが、これはワイパーで対処すれば大丈夫です。