自動車のワイパーはとても大切な部品です。ワイパーがないと、雨の日に運転することは困難ですし、汚れた窓をきれいにするときにもワイパーが活躍します。ワイパーはゴムでできているので、時間が経つと劣化してきます。ワイパーが劣化すると、ゴムが固くなり、ひび割れてきて、窓にぴたっと密着できず隙間ができるようになります。そのような状態でワイパーをかけても、水をきれいにふき取ることができなくなり、水滴が残ってしまいます。水滴が残った状態だと、前が見えにくくて危険です。

そこで、定期的なワイパー交換が必要になってきます。ワイパー自体はそれほど高額なものではないので、早目、早目の交換を心がけると良いでしょう。ディーラーに持ちこめば、たいていは工賃なしで、すぐに交換してくれます。純正のワイパーよりも高性能なワイパーがほしい人は、自動車部品専門店に行けば、いろいろなワイパーが販売されています。価格は十世部品よりも高額になりますが、ふき取り性能は格段によくなり、雨天時の運転も楽になります。自分で交換するのもそれほど難しくはありません。ただ、ワイパーにはサイズがありますので、自分のクルマにあったサイズのワイパーを選ぶのを間違えないように注意しましょう。