雨の日にも車の運転をすることがあると思いますが、その時に悩むのが傘です。濡れた傘を車内に持ち込みますとシートやマットが濡れてしまいます。
この場合には傘ケースを購入して車の中に置いておくといいでしょう。
傘ケースとは色々なタイプがありますが傘がすっぽりと収まるようなデザインになっているのです。ですので水滴が落ちる事は有りません。そして前の座席のヘッドレストの部分から取り付けられるようになっているのです。
使わなときには畳んで収納することもできます。
そしてもう一つ困るのは雨の日にマットが汚れてしまうことです。
泥がついてしまうために後で乾いた時に車内が砂だらけになってしまいます。
この対策のためにクリアマットを使うといいでしょう。
これを足回りに置きますともしも靴が泥だらけの状態で車の中に入ったとしても後で乾いた砂を取り除くことができます。マットを洗えばきれいなるのです。
足回りそのものはきれいなままでいられます。
雨対策はしっかりとしておけば雨の日でも車をきれいに保てますし楽しく運転できることでしょう。
このような対策をしているかしていないかによって、車を中古車として売る時の価値が大幅に変わってくるのです。